blender ロープのテクスチャ,メッシュの線を黒く塗る

f:id:arumogina:20181113205948p:plain

 

ロープに上記のような、赤を基調としてメッシュの線に沿って黒く塗るテクスチャを貼る。

 

1:まずは下記のように全選択をしてシームを付ける(Ctrl + E)

f:id:arumogina:20181113210136p:plain

 

2:画面分割=>片方をUV画像エディターへ=>新規=>UV画像をエクスポート

このあたりはこちらを参考に

blender UV展開とテクスチャ - イラスト、モデリング、Unity、VR関連

f:id:arumogina:20181113210214p:plain

 

3:GIMPを起動し、UV画像を開く

f:id:arumogina:20181113210508p:plain

 

4:ツール=>選択ツール=>色相を選択 をした後に、UV画像のどれかの四角の中をクリック(どれでもいい)

f:id:arumogina:20181113210544p:plain

5:選択=>選択範囲を縮小=>適当なサイズに縮小(今回は1pxのみ)

f:id:arumogina:20181113210718p:plain

 

6:描画色を赤に設定=>編集=>背景色で塗りつぶす

f:id:arumogina:20181113210857p:plain

7:レイヤー=>新しいレイヤーの追加をして、そのレイヤーをUV画像より下に配置する。

f:id:arumogina:20181113210932p:plain

8:新規レイヤーへ移動し=>黒く塗りつぶす(メッシュの線の色となる)=>UV画像レイヤーへ移動=>モードをLCH Colorに変更(モード変更の理由は他のモードだと、透明(モロクロ)の部分がちゃんと塗りつぶされないため)

f:id:arumogina:20181113211028p:plain

9:LCH Colorにすると、赤いの色まで変わってしまうのでこれを正しい色にする。色=>カラーマッピング=>Color Exchange

f:id:arumogina:20181113211313p:plain

10:赤黒くなってしまった部分をスポイトで抽出しfromに設定、TOに元の色を設定=>OK

f:id:arumogina:20181113211420p:plain

11:ファイル=>名前をつけてエクスポートする。

エクスポートした画像をテクスチャに設定する。Fの右隣のアイコンをクリックして、エクスポートした画像を開けばOK。

f:id:arumogina:20181113211507p:plain

 

12:テクスチャモードにして、ちゃんと設定されているか確認する。