belnderでモデルを作成してUnityに取り込んでVRM仕様にするまでの大まかな流れ

+blenderにて、モデルのスケール設定

+モデリング

+UV展開

+テクスチャ・マテリアルの設定

+rigifyを使用してボーンを設定

Unity - マニュアル: Blender と Rigify の使用

【Blender】UnityのHumanoidに対応したアーマチュアを作る(基本編) – MTの備忘録

rigifyを使用すればボーンのひな型を得られる。

unityのhumamoidの規格に対応したボーンを設定する。

rigifyで得られるひな型にはhumanoid規格には不要なボーンがあるので削除する(しなくても不都合はないだろうが不要なデータは消しておきたい)

 

+fbxでエクスポート、メッシュ・アームチュアを出力

+出力したモデルとテクスチャをUnityにインポート

+vrmに対応させる

UniVRMモデルのワークフロー - dwango on GitHub