イラスト、モデリング、Unity、VR関連

unityとかblenderとかvr関連の作業メモ

ocuras go の開発環境を整える(WIndows 10)

++用意するもの

PC,Ocuras Go,PCとOcurasGoを繋ぐUsbケーブル

 

++Unityをインストール

UnityHubをインストールし、UnityHubからunityの最新版をインストールする(今回は2018.3をインストール)。このとき、Android Build Supportにチェックを入れる。

(日本語化したければ日本語化パッケージにもチェックを入れておく)

Download - Unity

 

++AndroidSDKをインストール

Android Studio と SDK ツールのダウンロード  |  Android Developers

エディタが要らない人は

下の方にあるコマンドライン ツールのみ、からインストールする。

 

++JDKをインストール

私がやったときはjdk8が対応していた

Java SE Development Kit 8 - Downloads

Java SE Development Kit 8u191からインストールする

(Accept License Agreementにチェックを入れる)

 

++Unityの設定

Unityでプロジェクトを開いて 

ファイル=>ビルド設定

プラットフォームからAndroidを選択

switching platformをクリック

 

続いて、player settingをクリックすると、右側に以下のような画面が出るので、

xrセッティングのvrサポートにチェックを入れ、その下のvirtual reallity sdkで、ocurasを選択

f:id:arumogina:20190115222722p:plain

続いて、その他の設定にて

パッケージ名を適当な名前に変更

最小APIレベルをAPI Level 19に変更

スクリプティングランタイムバージョンを.NET 4xに変更

API互換性レベルを.NET 4xに変更

f:id:arumogina:20190115223046p:plain

 

続いて、編集=>環境設定=>外部ツールを選択

SDKには解凍したAndroidSDKのフォルダをそのまま設定すればいい

f:id:arumogina:20190115223517p:plain

NDKについては今回は空のままにしておく

 

++adb.exeのパスを通す

解凍したAndroidSDKのフォルダのどこかにadb.exeというファイルがあるので、検索をかけて、右クリック=>プロパティ、で、パスをコピー。

windowsの左下の検索欄で、環境変数と入力して検索

環境変数=>変数名:PATHを選択=>編集=>新規、

ここでコピーしたパスをペースト=>OK

 

++ocuras goの設定

https://dashboard.oculus.com/organizations/create/

に行き、適当に団体名を設定する

ocuras go を起動し、スマホのocurasアプリでペアリングし設定画面を開く。

アプリでペアリングしたocuras goを選択し、その他の設定=>開発者モードに入り、オンにする。

 

ocuras goとpcをusbケーブルで接続

PC側で、コマンドプロンプトを立ち上げて、

adb devices

これで、

List of devices attached
1KWPHxxxxxx device

とか出たらOK.

Ocuras上で接続許可的な画面が出来るので許可する

 

++アプリをビルドしてocurasに入れる

Unity上で適当に球体のオブジェクトでも設置する。(0.0.0)より少し離れたところに置く。

ファイル=>ビルド設定=>ビルドを選択。

ビルドが成功すると、apkファイルが出来る。

コマンドラインを開いて、

adb install x.apk

これで、ocurasを被って、ライブラリにx.apkがあり、実行して設置したオブジェクトが見えればOK